BIO | iMAGINATIONS

BIOGRAPHY

堀田義樹

YOSHIKI HORITA

北海道札幌市出身。7人兄弟の末っ子として牧師家庭に誕生。生まれる前から賛美歌を聴いて育つ。5歳の時にオルガンを、その後ピアノを習い始める。長兄の影響でThe Beatles、Queen、Led Zeppelin、KISS、AC/DCなど幼くしてロックに目覚め、ザ・ベストテンの放送開始と共に歌謡曲にも夢中になる。


中学1年生で同級生とバンドを結成し、3年生で初ライブ。ヘビーメタルにのめり込む。
16歳頃より詞曲作りと本格的なバンド活動を開始。Penny Lane、Bessie Hall、Messe Hallなど、地元ライブハウスに定期的に出演。北海道内ツアーも行う。同じ時期レコードショップでアルバイトを始め、ロックだけではなく、フォークからソウル、ファンク、レゲエ、ブルーズ、民族音楽に至るまで洋邦幅広いジャンルの音楽に触れるようになる。19歳で初の関東、関西ツアーを行った後、バンドを脱退し単身上京。


1993年、ギタリスト本田毅(PERSONZ)の誘いを受けVERSUSに加入。メンバーはベース本田聡(ex.G.D.FLICKERS、RITTZ)、ドラム京極輝男(ex.DE+LAX)。ライブツアーを中心に活動を続けるも、1997年、方向性の相違により脱退。


1997年、川瀬昌知(ex.GUNIW TOOLS、現cloudchair)とSUPER SOUL SONICS結成。翌年ビクターエンタテインメントよりシングルJET LOVE MACHINEでデビュー。精力的なライブ、全国ツアーと並行し、FMパーソナリティー、雑誌R&R News Makerでの連載も行う。2002年には1ヶ月に渡りインターネットラジオを開局。24時間、フルサイズによる楽曲オンエアプログラムは、国内メジャーレーベル所属のアーティストとして初の試みであった。アルバムを4枚、シングルを8枚をリリースした後、2004年に活動を休止。


2005年、ソロプロジェクトiMAGINATIONSの活動を開始。当初は90年代後期から傾倒していたテクノ、ハウス、ブレイクビーツなどクラブミュージックの影響を強く打ち出したサウンドを志向。その後、実験・試行錯誤を繰り返しながら、歌とメロディーをより前面に置き、音数を少なくした現在の表現方法へと辿り着く。


2007年、1stミニアルバムHIRAKUを自身のレーベルirohadiscからリリース。Tower Recordsを中心として地道にセールスを伸ばし、全国発売から2ヶ月で初回プレス1,000枚を出荷。FM NORTHWAVEでは、収録曲“君に会って”が、インディーズとしては異例の総合オンエアチャート60位まで上昇するなど話題となる。


単独弾き語り、MacBookを用いたエレクトリックセット、サポートメンバーを加えたアコースティックセット、バンド編成など様々な形でのライブを展開。主な作曲、制作ツールは、Martin D-18とApple Logic、Digidesign Pro Tools。


2009年、Global Vocalistジーナ・サラの歌声に衝撃を受け、ジーナによるワークショップ参加をきっかけとしてNada Yoga(音のヨガ)を学び始める。2012年には、ヨガ発祥の地といわれるリシケシ(インド)でトレーニングを受ける。独自の視点から声と音の可能性をさらに探求中。




IMG_2157_.jpg